トップ > 終活かわらばん

終活かわらばん

100人に聞きました

5人に1人は友達ゼロ…!?
あなたの友達は何人?
年代別に友達の人数を調べてみました。

2017/3/8

昨年末、タモリさんがとあるテレビ番組で「友達なんていらない」と発言したことで話題になりました。身軽に生きるために、友達を整理する人もいるそうです。

一方で、女性スタッフのみの便利屋さんでは、一緒に映画を観たり、ショッピングを楽しんだりする「レンタル友達」のサービスが人気なのだそう。つまり、友達がいないことを知られたくない人も多いわけです。SNSでつながる人数は増えているのに、リアルの世界で心を許せる友達は減っている・・・そんな人も増えているのかもしれません。

そこで今回は、20代から70代の男女100名に「あなたの友達は何人いますか?」と尋ねてみました。意外な回答が多く、考えさせられる内容です。

ツイート
  • 全体の22%が友達ゼロと回答
    全体の22%が友達ゼロと回答
    100名の調査結果でもっとも多かった回答はなんと「0」。回答したみなさんは友達に求める条件が厳しすぎるのでしょうか。もしくは内向的すぎる性格なのでしょうか。

    でもさすがに、子供のころから友達がいない人は少ないはず。ひょっとすると、大人になるにつれて疎遠になってしまうのかも…そんな仮説に基づいて年代別で、友達の数がどう変わるのか調べてみました。年代ごとの回答者数にバラつきがあるものの、ざっくりとした傾向が見えてきました。



  • 20代の友達は、平均4.5人
    20代の友達は、平均4.5人
    アンケートに回答した20代は15名。友達の数は最高で10人、最低で0人でした。ちなみに、友達がいないと回答したのは1名のみ。20代の友達の数を平均すると4.5人でした。

    「多くて10人」というところから、友達を慎重に選んでいることがうかがえます。『1年生になったら』という有名な歌のなかに「友達100人できるかな?」という歌詞があり、「友達は多いほうがいい」と刷り込まれている人もいると思いますが、今どきの若者は考え方が違うのかもしれません。

  • 30代から友達の数の差が広がる
    30代から友達の数の差が広がる
    アンケートに回答した30代は31名。友達の数は最高で50人、最低で0人でした。0人と回答したのは5名。友達の数は平均で5.8人でした。

    社会人になってからさらに友達が増える人、社会人になって学生時代の友達が少しずつ減っていく人、この2パターンに別れる分岐点が30代にありそうです。 本人の性格や考え方はもちろん、従事している仕事、結婚や出産なども関係しているのかもしれません。

  • 40代は4割以上が友達ゼロ!
    40代は4割以上が友達ゼロ!
    アンケートに回答した40代は28名、友達の数は最高で30人、最低で0人。0人と回答したのは12名。友達の数は平均で2.6人でした。

    40代といえば働き盛り。いわゆる中間管理職として、上から押さえられ、下から突き上げられている人も多い世代です。 仕事はもちろん、結婚している場合は家庭も忙しい時期のため、友達と疎遠になりやすいのかもしれません。

  • 足るを知る50代?
    アンケートに回答した50代は14名、友達の数は最高で20人、最低で0人。0人と回答したのは2名。友達の数は平均で3.3人でした。

    友達の数は2人以下と答えた人が大半。人生の酸いも甘いも噛み分ける円熟期の大人は、友達は1人か2人いれば十分と考えるのでしょうか。 40代と同じように、忙しい年代であることも友達の数に影響していそうです。

  • 60代以上でまた友達が増える
    60代以上でまた友達が増える
    アンケートに回答した60代は13名、友達の数は最高で10人、最低で0人。0人と回答したのは2名。友達の数は平均で4.1人でした。

    退職し、会社とはまた違ったコミュニティに足を踏み入れる世代。定年後に余暇を過ごす仲間をみつける人もいるのかもしれません。



  • 友達の有無は、人生の幸福度に関わる問題
    友達は多ければいいというわけではありませんが、仕事一辺倒だった人が、引退後に孤独になってしまうのはよく聞く話。 地域活動や趣味の集まりに参加するなど、仕事以外でも社会との接点を持っておいたほうがよさそうです。

    もちろん、老後に寂しいのは嫌だということで、無理矢理友達の輪を広げようとするのは逆効果。人間関係に疲れてしまったら本末転倒です。信頼できる友達と濃い関係を築くことも、人生を充実させる意味でよい選択なのではないでしょうか。


    人は何でも持ち過ぎると疲れてしまいます。余計なものを抱きかかえていると、両手がふさがり、身動きできなくなります。そうなる前に、人間関係だけではなく、身の回りのことも整理しておきたいものです。いつかこの世を去るとき、遺すものは遺言・遺贈にまとめて、身軽に旅立つことができるようにしておきましょう。



    調査方法:インターネット調査
    調査期間:2017年01月05日(木)~2017年01月06日(金)
    対象者:20代から70代の男女103名(有効サンプル数100)

終活かわらばん一覧へ戻る

ツイート

遺言書キットをプレゼント