日本財団 遺贈寄付サポートセンター

募集要項Application
Requirements

募集内容
「ゆいごん」にちなんだ川柳を募集します。
応募期間

2022年9月19日(月)〜 
2022年11月1日(火)

※郵送は当日消印有効

応募資格
どなたでもご応募いただけます。お一人様何点でも応募可能です。
(応募作品は自作で未発表のものに限ります)
入賞賞品
大賞

100,000円(1作品)

入選

30,000円(3作品)

佳作

10,000円(6作品)

特別賞 三井住友信託銀行賞

50,000円(1作品)

特別賞 三菱UFJ信託銀行賞

50,000円(1作品)

特別賞 田村淳(itakoto)賞

20,000円(1作品)

結果発表
2023年1月5日(木)(遺言の日)を予定
応募方法

【インターネットの場合】
こちらからwebサイトの応募フォームよりご応募ください。

日本財団 遺贈寄付サポートセンター
ゆいごん大賞
「ゆいごん川柳」募集フォーム

【郵送の場合】
作品、ペンネーム、氏名、フリガナ、職業、〒住所、TEL、年齢、性別、公募を知った媒体名【新聞名、雑誌名(公募ガイド、その他雑誌名)、書店配布しおり、webサイト名 等】を明記の上、下記応募先までご郵送ください。

応募先

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-8-11 錦町ビルディング7階
株式会社シーピーファイン内 日本財団 遺贈寄付サポートセンター「ゆいごん大賞」事務局

注意事項
  • ・応募作品は自作のもので、未発表のものに限ります。他の作品を引用したり、模倣したもの、他の公募に投稿中の作品、過去にいずれかの公募で採用されたことのあるもの等は応募できませんのでご注意ください。
  • ・応募作品は返却いたしません。また、著作権・出版権は全て主催者である日本財団に帰属します。
  • ・入賞者の発表は、「遺言の日.jp」webサイト、日本財団 遺贈寄付サポートセンターのwebサイトで行います。
  • ・入選作品の発表の際、ペンネーム、年齢、職業、都道府県を公表させていただきます。応募の際は、個人名の他ペンネーム等を必ずご記入下さい。
  • ・応募いただいた作品は、日本財団のwebサイト、ポスター、広告、書籍、リーフレット、チラシ、イベント等のPR活動、SNS等で発表することがあります。
  • ・提供いただきました個人情報は、「ゆいごん大賞」に関する諸連絡、賞品発送、日本財団遺贈寄付サポートセンターならびに日本財団からのお知らせ等に利用させていただきます。

ご挨拶Message

遺言は愛の言葉

「遺言」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか。

遺言は“人生の最後に臨むもの”というイメージで
語られてきた傾向にあるように思います。
今このページをご覧のあなたも、もしかしたら、
あまり前向きな印象をお持ちにならないかもしれません。

しかし、英語で遺言は“will”というように、
遺言は、未来へのメッセージや愛情がこもったポジティブなものであると
私たち日本財団遺贈寄付サポートセンターは考えます。

日本財団では、広く社会に向けて遺言の大切さを周知したいと考え、
1月5日を「遺言の日」として定めました。
この「遺言の日」を通じて、家族や親族が集まるお正月に、
遺言について考えてもらうきっかけにしていただきたいと思っております。

そして、毎年好評をいただいております、
ゆいごん大賞「ゆいごん川柳」を今年も大募集いたします。。
あなたの大切な人への想いや、
こんな未来になってほしいという願いを込めた川柳、
遺言のネガティブなイメージを変えるようなウィットに富んだ川柳など、
たくさんの作品のご応募を心よりお待ちいたしております。

遺言は愛の言葉。
あなたはどんな言葉を思い浮かべましたか。

1月5日は遺言の日 大切な人を思う気持ち、遺言にしませんか?

選考委員Judge

田村淳さんの写真

©YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

田村淳さんの写真

©YOSHIMOTO
 KOGYO CO.,LTD.

田村淳さん
(タレント)

1973年12月4日生まれ、山口県出身。
1993年、ロンドンブーツ1号2号結成。コンビとして活躍する一方、個人でもバラエティー番組に加え、経済・情報番組など多ジャンルの番組に出演。
300万人超のフォロワーがいるTwitter、YouTube「田村淳のアーシーch」の開設、オンラインコミュニティ「田村淳の大人の小学校」を立ち上げるなど、デジタルでの活動も積極的に展開。2019年4月に慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科に入学。2021年3月修了。
タレントの枠を超えて活躍の場を広げている。
【著書】
「母ちゃんのフラフープ」(ブックマン社 2021年5月31日発売)
「即動力」(SBクリエイティブ 2018年11月6日発売)
「日本人失格」(集英社新書 2017年2月17日発売)
https://itakoto.co.jp/

佐山和弘さんの写真
佐山和弘さんの写真

佐山和弘さん
(相続遺言専門行政書士)

行政書士さやま法務コンサルティング代表。事業承継士。日本相続学会会員。元すし職人。
前職(寿司屋の2代目)のときに父親が急死し、その悲しみも癒える間もなく見舞われた相続騒動(腹違いの姉発覚、母親のノイローゼと癌)の苦い体験から遺言書の大切さを痛感。一人でも多くの人に「『遺言力』すなわち遺言書を通して家族の絆をあらためて結び直す力」を伝えることを使命と考え、相続遺言専門行政書士への転身を決意。
平成20年に包丁を置き、相続遺言専門行政書士事務所さやま法務コンサルティングを立ち上げる。開業以来、千数百件を超える相続遺言実務をこなした経験から円満相続の実現のためには遺言書の普及と同時に、「遺産分割協議の正しい開き方、進め方」も伝える必要があることを強く感じ、実務の傍ら、相続・遺言セミナーの常識を覆した相続・遺言エンターテイメント講演「日本一楽しい!相続&遺言書教室」など全国各地で講演活動も展開している。
また、元寿司屋の2代目経営者の経験を生かし、「寿司の握れる事業承継アドバイザー」としても精力的に活動している。
【著書】
「相続で絶対モメない遺産分割のコツ」〜言葉・空気・場の読みまちがいが命取り!〜(家の光協会 2018年11月15日発売)/「日本一楽しい!遺言書教室」(すばる舎)
http://www.sayama-houm.com

桂ひな太郎さんの写真
桂ひな太郎さんの写真

桂ひな太郎さん
(落語家)

1952年(昭和27)生まれ、群馬県安中市出身。
1977年(昭和52)古今亭志ん朝に入門。1993年(平成5)真打昇進。2003年(平成15)九代目桂文楽門下に入門。「化け物使い」「酢豆腐」等の本格派の古典落語の他、「後見爺さん」「天国からのラブレター」など成年後見落語や相続、終活や遺言といった話題を落語の中にも取り入れた第一人者。
【主な受賞歴】
1988年(昭和63)NHK新人演芸コンクール 落語部門最優秀賞/1991年〜93年(平成2〜4)日刊スポーツ新聞社主催 日刊飛び切り落語会 奨励賞(現飛び切り大賞)連続受賞/1993年(平成5年)国立花形演芸会 花形演芸大賞受賞
http://hinataro.com/

一般社団法人
全日本川柳協会

昭和49年、川柳の質の向上、社会的地位の確立等を図ることを目的として、日本川柳協会を結成。そして、新時代に相応しい活動を展開し、大衆文芸としての川柳の一層の普及を図り、組織を強化すると共に連携協力の体制を充実させることによって、川柳の質の向上と地位の確立に務め、もって我が国文化の発展に寄与することを目的として、一般社団法人全日本川柳協会を設立した。
川柳では唯一の全国団体として、各吟社間の連携協力の関係を深め、全国川柳大会を開催。また、文化庁主催による国民文化祭文芸大会の他、各種大会の共催、後援等の活動を行っている。
http://www.nissenkyou.or.jp/

特別賞SPECIAL AWARD

金融機関特別賞

「遺言は、愛の言葉。」のコンセプトに共感いただき、金融機関特別賞にご協力いただきました。

三井住友信託銀行
(選考委員:理事 本店法人業務第一部長 篠永 正徳様)

三菱UFJ信託銀行
(選考委員:本店法人営業部長 齊藤 允様)

田村淳(itakoto)賞

「この世から、心のこりをなくしたい。」をコンセプトに、
大切な人に想いを残せる「itakoto」様にも特別賞のご協力をいただきました

受賞作品Past Award

第6回「ゆいごん川柳」には8,230作品の応募があり、
その中から、大賞1作品、入賞3作品、佳作6作品の計10作品が決定しました。

2021年第6回 ゆいごん川柳受賞作品
  • 大賞

    思い出に 浸ってペンが よく止まる

    ペンネーム:すみれさん 69歳/愛知県

    本当にそうですね!!
    私もエンディングノートを書き込む時に何度も思いに耽ってしまいました。遺言書をスラスラ書ける人なんて居ませんよ。(桂ひな太郎さん)

    ちょっとした片付けものをした時だって、ふと手が止まる。ましてや、人生全般を振り返る瞬間ならばなおさらでしょう。日常的にはよく見られる光景を、作者は上手に切りとられました。(全日本川柳協会)

  • 入選

    遺言を 書いたはいいが どこいった

    ペンネーム:ごんぬさん 19歳/岡山県

    本当にどこの家にもありそうなこと。遺言書の保管に関する警告としての価値もある作品です。(森永卓郎さん)

    初めは私と同年代と思い共感!! ところが19歳の学生さんの作品と分かり(笑)若者よ君もやがては、その時が来る。(桂ひな太郎さん)

    訂正印 だらけの父の 遺言書

    ペンネーム:永井径さん 56歳/福島県

    あれこれと考えて、書いては直し、書いては直しを繰り返す状況が目に浮かぶ秀作。(森永卓郎さん)

    自分の気持ちが変わったのか子供達に寄り添うために一生懸命だったのか!! 良いお父さんですね。(桂ひな太郎さん)

    あの世とも 出来たらいいね オンライン

    ペンネーム:ホタルさん 68歳/自営業

    同感!時流に沿う素敵な川柳です。きっとホタルさんは、あの世にオンラインでつながりたい人がいらっしゃるのでは。遺言書でも、書く人と残される人が互いに思いを馳せることでオンラインみたくつながるといいですね。(佐山和弘さん)

    オンラインに着目した現代的な川柳ですね。「あの世とも(交信)出来たら、……」という口語調が生きています。(全日本川柳協会)

  • 佳作

    AIじゃ 書けない愛の 遺言書

    ペンネーム:リンさん 44歳/滋賀県

    恋文に 似た感ありき 遺言状

    ペンネーム:恋文子さん 52歳/愛知県

    遺言書 読めば親父の 声がする

    ペンネーム:MSさん 61歳/千葉県

    相続の 家族会議も オンライン

    ペンネーム:もえぴーの夫さん 60歳/東京都

    叙勲無し けれど遺贈に 名を刻む

    ペンネーム:松風さん 75歳/東京都

    人生の 感謝のしるし 遺贈寄付

    ペンネーム:アオキテラヒさん 57歳/埼玉県

  • 総評

    情景が目に浮かび、身につまされる作品がとても多かったと思います。抽象的な思考ではなく、生活の中から生まれる作品の共感は、俳句の醍醐味だと思います。それがいかんなく発揮された作品がとてもたくさんあって、悩みましたが、今回入選した作品は、いずれも素晴らしい作品だと思います。(森永卓郎さん)

    今年も選考委員泣かせの力作ぞろいで、昨年に引き続き、時流を反映したコロナ関連の作品が寄せられる一方、今回のテーマ「遺言は、愛の言葉」らしく愛情に満ちたハートフルな作品が多いように感じました。また、受賞作品のように自身の実体験をダイレクトに川柳にした作品が多いのも印象的でした。遺言書は必ずしも財産分けのためだけではなく、残される人に対しての想いや気持ちを伝え残すためにも書くものだと思いますが、そのことを今回のゆいごん川柳があらためて教えてくれた気がします。(佐山和弘さん)

    今年も沢山の作品で楽しませて頂きました。長いコロナ禍での傑作が多く生まれましたが、入選作の上位は不変の人間模様でしたね!!こんな時だからこそ人間らしさに惹かれました。(桂ひな太郎さん)

    「遺言は愛の言葉」のテーマにふさわしい佳句が多く寄せられたと思います。川柳は森羅万象何でも詠むことができる魔法のような文芸ですが、どの句もその川柳の魅力が遺憾なく発揮されていると思います。私自身も「ゆいごん川柳」の選を通じて、改めて人生をポジティブにとらえ直すよい機会になりました。
    (全日本川柳協会)

「ゆいごん川柳」これまでの
応募作品数

59,993点

(第1回〜第6回の累計応募作品集)

新発売
ゆいごん川柳の本の画像

これまでのゆいごん川柳を振り返り。

ゆいごん川柳
こう書けと 妻に下書き 渡される

イーストプレス 1,210円(税込)

詳しくは
こちら

ゆいごん川柳に関する
よくある質問Q&A

Q
誰でも応募できますか?
A

年齢、性別問わずどなたでもご応募いただけます。

Q
応募数に制限はありますか?
A

お1人様何点でもご応募いただけます。

Q
応募はどのようにすれば良いですか?
A

こちらのページにあるご応募ボタン、応募方法に記載のある募集サイトのボタンをクリックしていただき、応募ページよりご応募下さい。

Q
郵送で応募する場合、ハガキ・封書どちらでも良いですか?
A

どちらでも大丈夫です。また、一回の応募の際に何句書いていただいても構いません。応募先にある宛先を記載の上ご応募下さい。

Q
応募用紙はありますか?
A

応募用紙のご用意はございません。webサイト、ハガキや封書でご応募下さい。

Q
ペンネームを記載し忘れました。
A

「ゆいごん大賞」事務局宛にご連絡下さい。

Q
同じ作品を別の応募先に送りましたが大丈夫でしょうか?
A

応募作品は自作のもので、未発表のものに限ります。他の作品を引用したり、模倣したもの、他の公募に投稿中の作品、過去にいずれかの公募で採用されたことのあるもの等は応募できませんのでご注意下さい。

ゆいごん川柳に関する
お問い合わせInformation

日本財団 遺贈寄付サポートセンター
「ゆいごん大賞」事務局

03-5244-5364

受付時間:10時〜18時(月〜金/土日祝日・年末年始を除く)

mail

Copyright © The Nippon Foundation

SNSからも情報発信中

Facebook

Twitter

ページTOPへ

痛みも、希望も、未来も、共に。